現在の担当授業科目

《現在の担当授業科目》

  • 近代経済学A(ミクロ経済学)
     この授業は,初めて経済学を学ぶ経営学部生を対象として,経営学や現実の経営実践を理解するために必要なミクロ経済学の基礎を解説します。ミクロ経済学は,市場価格を参照する個々の家計や企業の行動から,市場において需要と供給が均衡し,希少資源が効率的に配分されるメカニズムと,それが市場全体にもたらす厚生を分析する学問分野です。この授業では,特に企業経営との関連が深い,消費者の効用,企業の利潤と費用構造,市場における競争などの事項に重きをおきながら,市場の失敗についても解説します。
     

  • 近代経済学B(マクロ経済学)
     この授業は,初めて経済学を学ぶ経営学部生を対象として,経営学や現実の経営実践を理解するために必要なマクロ経済学の基礎を解説します。マクロ経済学は,生産,所得,消費,政府支出,投資,輸出入,貨幣量,利子率,物価,失業率などの経済変数の関係によって,一国全体の経済状況を分析する学問分野です。この授業では,特に企業経営との関連が深い,企業部門と家計部門を結ぶマクロ経済循環,セイ法則と有効需要原理,政府による財政金融政策などの事項に重きをおきながら,経済政策の限界についても解説します。
     
  • ビジネス・エコノミックスA ※2018年度より
     この授業は,営利・非営利を問わず経営実践に携わることになる経営学部生を対象として,現実の経済動向の理解や経営意思決定に資する経済学の知識を提供します。Aは「ミクロ編」であり,ミクロ経済学の知識を応用して,現実の市場の構造と経済主体の行動を理解することを目標とします。授業では,市場の全体像を捉えるための理論的枠組みを確認した上で,さまざまなグラフによって可視化しながら,市場構造と消費者・企業の行動様式を学びます。
     
  • ビジネス・エコノミックスB ※2018年度より
     この授業は,営利・非営利を問わず経営実践に携わることになる経営学部生を対象として,現実の経済動向の理解や経営意思決定に資する経済学の知識を提供します。Bは「マクロ編」であり,マクロ経済学の知識を応用して,現実の日本経済の動向を理解することを目標とします。授業では,マクロ経済の全体像を捉えるための理論的枠組みを確認した上で,さまざまな経済指標によって可視化しながら,日本経済の諸側面を学びます。
     
  • 基礎専門演習A(テーマ:ミクロ経済学) ※2017年度より
     ミクロ経済学は,市場価格を参照する消費者と生産者の行動から,市場において需要と供給が均衡し,希少資源が効率的に配分されるメカニズムを分析する学問分野であり,国内外を問わず経済・経営分野において必要不可欠な知識体系,グローバルスタンダードと見做されています。この演習では,その基礎知識をグローバル社会において応用可能な形で修得するため,英語文献を用いてミクロ経済学を学んでいきます。
     
  • 演習Ⅰ・ⅡA・ⅡB・ⅢA・ⅢB(テーマ:市場と組織の経済学)
     「市場と組織の経済学」をテーマに,経営学部の学生が経済学を共に学び議論する場を提供します。とりわけ現代経済学において重要な位置を占め,経営学にとっても関連の深い「新制度派経済学」のアプローチを体系的に学びますが,卒業論文に向けた個人研究では,広く経済理論・経済思想・経済事情のいずれかに関連するテーマを各自で設定します。この演習(ゼミナール)は,2年次の秋学期から卒業までの2年半にわたって開講され,文献輪読と個人発表・グループ発表により思考力・表現力・問題発見解決力を鍛えます。詳しくはこちらを参照してください。
     

《過去の担当授業科目》

  • Japanese Economy ※2014~2017年度
         To manage a for-profit or non-profit organization, it is essential to grasp the current macroeconomic situation, thereby ensuring an enlarged scope of vision and broadened prospects for the future. Particularly in this age of globalization and digitalization, such developed countries as Japan are intricately embedded in a global transaction and information network. As information on the Japanese economy becomes huge, complex, and unconfirmed both within and outside the nation, managers and entrepreneurs must learn to collect and systematically analyze such information from an objective viewpoint. Through the presentation of various economic indicators and visual charts, this course provides a basic knowledge of macroeconomics in English and explains the specific structures and situations of the Japanese economy vis-à-vis others, while considering the varieties and diversity that exist among economies.
     
  • 教養演習A(テーマ:経済思想入門)※2017年度
     人間がいかに経済を営むかということと,人間がいかに経済を語るかということは,根源的に不可分な関係にあります。しかしながら,現代の経済学は,客観的な科学としての精緻化を目指し,価値判断を伴う諸問題を尽く経済学から切り離そうとしてきました。たとえば,経済活動において自己の利潤を追求することは善いことであるのか,それとも,悪いことであるのか。これは現代社会に生きる誰もが抱く疑問ですが,現代経済学は市場メカニズムの効率性という観点を越えて答えを提示しようとはしません。もしそれが経済学のしかるべき領域であるならば,過去から現在に至るまで,経済学者が繰り広げてきた様々な論争は何であったのでしょうか。私たちはいかに経済と対峙していけば良いのでしょうか。この演習では,経済思想に関する文献を用いて,古今東西の思想に触れながら,経済なるものが人類を導く先へと思考の翼を広げていきたいと思います。
     
  • 教養演習A(テーマ:経済学入門)※2015~2016年度
     現代社会で生きる私たちは誰しもが経済活動から無関係ではいらないという意味において,多かれ少なかれ経済の一部です。経済の全体は一個人にとってはあまりにも大きい存在に思われますし,目に見えない力も働いていますが,私たちはその存在を無視することができません。とりわけ営利・非営利を問わず組織体の経営に携わる者にとって,広く経済社会の全体へと視野を広げて考えることは不可欠な素養の1つであると言えます。この演習では,グラフや数式のない経済学の入門書を使って,経済学の基本的な用語の意味や考え方に触れながら,経済全体の仕組みへと思考の翼を広げていきたいと思います。
     
  • 教養演習A(テーマ:市場の道徳性について考える)※2013~2014年度
     市場で利益を追求することは善いことか,それとも,悪いことか。市場は自由や平等をもたらすか,それとも,不道徳を助長するか。これらは市場経済を中心とする現代社会において,誰もが一度は抱く疑問であり,営利・非営利を問わず組織体の経営に携わる者にとって避けては通れない問題です。しかし,過去から現在に至るまで,経済学者や政治哲学者らが様々な意見を述べてきたにもかかわらず,これらの問いをめぐる絶対的な答えが得られていないのはなぜでしょうか。この演習では,このテーマに関する英語文献をテキストとして,フリードマン,ブキャナン,ハイエクなど現代を代表する経済学者の思想にも触れながら,利己心と市場の道徳性について考えます。

※このページには,正式なシラバスではなく,授業の概要のみを掲載しています。
 履修される学生の皆さんは必ずシラバスも参照してください。