研究業績

《共著書》

《論文(査読あり

《論文(査読なし)》

《翻訳》

《書評》 

  • 三上真寛(2014)「書評 イザベラ・バード著,高畑美代子ら訳『カナダ・アメリカ紀行』」『東奥日報』,2014年6月16日付朝刊.

《学会発表》

  • "Coasean View of Human Behavior within the Institutional Context," The 3rd Conference of World Interdisciplinary Network of Institutional Research (Seaport Boston Hotel, Boston), September 4, 2016. 
  • "Coase's View on Costs as the Foundation and Limitation of New Institutional Economics," The 27th Annual Conference of European Association for Evolutionary Political Economy (University of Genoa, Genoa), September 18, 2015.
  • "Gaming Simulation using Electronic Community Currency: Behavioral Analysis of Self-versus-Community Consciousness," The 2nd International Conference on Complementary Currency Systems (International Institute of Social Studies of Erasmus University of Rotterdam, The Hague), June 19, 2013.
  • 「電子地域通貨を用いたゲーミング・シミュレーション:自己対コミュニティの行動分析を中心として」,進化経済学会 第17回全国大会(中央大学),2013年3月17日.
  • "The Transformation in the Thought of Ronald Coase around the 1970s," The 25th Conference of the History of Economic Thought Society of Australia (The Royal Society of Victoria building, Melbourne), July 5, 2012.
  • 「電子地域通貨のメディア・デザインとコミュニティドックへの活用可能性:ゲーミングシミュレーションによる検討」,進化経済学会 第16回全国大会(摂南大学),2012年3月18日.(西部忠氏との共同発表)
  • 「ロナルド・コース取引費用理論の再評価」,経済学史学会 第75回大会(京都大学),2011年11月6日.
  • 「新制度派経済学における進化論とデザイン論」,社会経済システム学会 第30回大会(東京大学),2011年10月29日.
  • 「コース経済学の進化論的側面」,第8回進化経済学会北海道東北部会(旭川大学),2011年9月3日.
  • 「新制度派企業理論と進化論―コース,アルチャン,デムゼッツ―」,進化経済学会 第15回全国大会(名古屋大学),2011年3月20日.
  • 「取引費用経済学の再検討―ウィリアムソンとコースの比較から―」,進化経済学会 第14回全国大会(四天王寺大学),2010年3月28日.
  • 「取引費用経済学の再検討」,2009年度第2回経済学史学会北海道部会(北星学園大学),2009年12月5日.

《競争的研究資金》

  • 平成26-28年度 科学研究費補助金 若手研究(B)「新制度派経済学の形成・発展・変容におけるロナルド・コースの影響に関する研究」,研究代表者,2014年4月-2018年3月.
  • 科学技術融合振興財団 平成22年度 調査研究補助金「電子地域通貨を用いたゲーミング・シミュレーション ―ネットワーク上取引と相対取引の比較分析―」,研究代表者,2011年2月-2012年2月.

《学位論文》 

  • Mikami, M. (2012), "Evolutionary Foundations of Coasean Economics: Transforming New Institutional Economics into Evolutionary Economics," Doctoral Dissertation, Graduate School of Economics and Business Administration, Hokkaido University.
  • 三上真寛(2009)「取引費用概念の再検討―経済主体像との関係を中心として―」,平成20年度北海道大学大学院経済学研究科修士論文.